抜け毛・薄毛に悩む40代女性の育毛生活

抜け毛が多いのは異常?

抜け毛は異常ではなく、自然な生理現象のひとつです。

しかし生えかわりのサイクルを超えて髪が抜けてしまったり、次の髪が生えてこなくなると、毛髪トラブルのひとつとして捉えられます。

男性にも女性にも起こることで、白髪になるのと同様、ある程度の年齢になったら避けられないことと認識されていますね。

そんな歳でもないのに抜け毛がひどくて、どんどん薄毛になってしまうという場合は、生活習慣の見直しや必要なケアをすることで、改善する可能性もあります。

 

ホルモンバランスが悪かったり、血流が悪かったりすると抜け毛が増えてしまいます。発毛サイクルをコントロールするのは女性ホルモンの分泌量だといわれていますが、女性ホルモンは女性にしか存在しないわけではなく、男性の体内でも分泌されています。

若い時期にはバランスが取れていたものが、年齢と共にホルモンの分泌バランスが悪くなり、発毛サイクルに影響するため、抜け毛か増えるというわけですね。

男性の場合、毛を生やす根っこの部分が死滅してしまうことが多く、一度薄毛の状態になると、ふたたび髪が生えてくるように環境を整えるのは大変なことのようです。

しかし女性の場合は完全に毛がなくなってしまうことは少なく、髪の毛の本数自体は変わらないものの、1本ずつがとても細くなるため、結果として地肌が透けて見え、見栄えが悪くなってしまうパターンが多いようですね。

女性は発毛機能自体が無くなってしまうわけではないため、改善が見込めることが多いようです。地肌のマッサージや育毛剤を使う、食生活を見直すなどして、ふたたび元気が髪が生えてきた、という例も多くあります。

男性の場合は、抜け毛が増えてきたと感じた時に手を打つことが重要なようです。現在では医師の診断を受けることもできますから、抜け毛が増えて気になってきた、というタイミングで相談に行くといいかもしれません。

 

火傷やケガが原因で脱毛してしまった場合は、発毛機能が完全に壊死していることが多く、ふたたび発毛させることは現代の医学をもってしても難しいようです。

その場合は、皮膚に刺激がない素材で作られた医療用のウイッグを使用するように勧められることもあるとか。

人に傷跡をじろじろと見られたくない、という気持ちへの配慮もあり、ウイッグはさまざまなタイプが販売されているようです。

いずれにしても、抜け毛は早めの対策がたいせつです。

今までよりも抜け毛が増えた、明らかに以前より薄毛になってきたと感じたら、対策を考えたほうがよいでしょうね。