抜け毛・薄毛に悩む40代女性の育毛生活

更年期と薄毛・抜け毛の関係

40代に入ると体や心に不調を感じる女性は多いもの。更年期ってやつですね。

更年期というのは女性が閉経を迎える前後5年間、合計10年間の期間を指します。

一般的には45歳から55歳くらい。もちろん個人差のあることですが、早い人は35歳くらいから症状がでるとか。

髪のボリュームがなくなったと感じる時期も同じころで、更年期と無関係ではないんです。

 

更年期にさしかかると、エストロゲンという女性ホルモンの分泌が減ることが知られています。エストロゲンは美しさ・若さを保つだけでなく、毛髪を発達させる、成長期を持続させる働きもあります。

つまりエストロゲンが減少すると、髪の成長期は短くなり、休止期が長くなってしまうんですね。そうすると、一か所の毛穴から出てくる毛の数が減ったり、髪そのものが痩せてしまいます。全体的に「薄毛」の状態になるということですね。

この状態は女性特有で、「びまん性脱毛症」というそうです。

更年期の薄毛は、エストロゲンが減少することで起きるのですから、卵巣機能の低下・エストロゲンの減少を緩やかにすれば、薄毛も更年期の症状も緩和することができるというわけですね。

大事なことはイソフラボンやポリフェノールなどを多く含んだ食べることと、頭皮の血行をよくすることです。

 

頭皮の血行を良くすれば、頭皮や毛母細胞に栄養と酸素が行きわたりやすくなります。

育毛剤をつける時だけでなく、バスタイムなどリラックスできる時に頭皮マッサージするとか、ヘッドスパでマッサージしてもらうなどすると良いでしょう。

硫酸系のシャンプーを使わないのも大切なことです。使っている育毛剤があるなら、同じメーカーのシャンプーを使ってみるのも良いですね。

気を付けるべきなのはドラッグストアなどで「ノンシリコンシャンプー」として売られているものの中には、洗浄成分が硫酸系などで刺激の強いものがけっこうあるということです。

シャンプーを選ぶときには、洗浄成分にも気を付けて選びましょう。

 

抗酸化作用の高いポリフェノールを多く含む食品には、フルーツなど体を冷やしてしまうものも多く、なかなか日常的にしっかり摂るのは難しいので、サプリメントをうまく利用することもおすすめです。

私が飲んでいるのは、ロート製薬の聖樹のチカラというサプリメントです。1日分の2粒で、赤ワイン27杯分のレスベラトロール(ポリフェノールの一種)が摂れるというもので、気に入っています。

他にも、ストレスを解消する、趣味を持つなど、更年期の症状を和らげるために役立つことは、そのまま薄毛・抜け毛も食い止めてくれるので、ぜひ試したいですね。