抜け毛・薄毛に悩む40代女性の育毛生活

ブラックサプリと他の育毛サプリとの比較

健康な髪を伸ばすためには、栄養状態や睡眠、ストレスの解消など生活習慣を整えることがとても重要です。

白髪は毛根にある、髪の毛に色をつける細胞が減ってしまうので、生活習慣を整えたところで改善はしないことも考えられます。

でももし、20代や30代で「最近急激に白髪が減った」「抜け毛が増えて薄毛になってしまった」ということなら、栄養状態と血行をよくするだけでも、改善すると思います。

 

睡眠や血行を良くすることは、ちょっとしたことで改善できるものです。栄養状態を良くすることが一番難しいかもしれません。一人暮らしをしているとか、出産後だったりしたらなおさらです。

しかも、髪の毛の健康のためには、髪の成分であるたんぱく質以外に亜鉛、カルシウム、ミネラルなど摂りにくい栄養素が必要なんですね。でも、これらの栄養素は食品から摂ろうと思うと大変です。

買い物に行って食材を揃え、下準備をして調理して。可能ならばもちろんそうした方が良いのですが、手っ取り早くサプリメントを利用しても良いと思います。

私が出産後に飲んでいたのは、ブラックサプリというサプリメントでした。

ブラックサプリは髪の健康に特化した栄養素を集めたサプリメントなので、栄養不足が原因の白髪には特に効果が期待できそうです。

ひと月分で4800円と、美容系のサプリメントとしては安価。髪だけでなく、体に良い影響がある栄養素が配合されているので、飲んで損はないと思います。

 

他にも飲んでみたサプリがあります

 

ロート製薬 聖樹のチカラ

ロート製薬から発売されているサプリメントで「聖樹のチカラ」というのも、飲んでました。

聖樹のチカラ ボトル

ポリフェノールの一種、レスベラトロールが豊富に含まれていて、1日分の目安である2粒で、赤ワイン27杯分のレスベラトロールが摂れるということでした。

お酒の飲めない人もこれなら飲めますし、ポリフェノールはなんといっても女性の体にとても有効な成分。

私には育毛効果は感じられませんでしたが、体の錆つきを軽減してくれるので、体調が良かったように思います。

 

レフィーネ 艶サプリゼリー

白髪染め専門店から発売されているサプリも飲みました。主成分がコラーゲンでした。


「なぜコラーゲン?」と思いましたが、コラーゲンの不足は抜け毛・薄毛と白髪の原因になると考えられているそうですね。

主原料はキクイモ。「イヌリン」という成分をたくさん含んでおり、ヨーロッパでは健康に良い食材として古くから利用されてきたものだそうです。

キクイモはデンプンを含まず栄養価が高い食材なのですが、独特の風味があります。はっきり言ってかなり不味いです。

漢方薬を直接食べているような感じで、とても食べられたものではありません。

サプリは、キクイモを直接食べるほどキツくはありませんが、まぁ美味しくはなかったですね^^;

 

DHC ボリュームトップ

もっと手軽な値段のものを探していて、見つけたのがDHCのサプリメント。


「ボリュームトップ」というのがあるんですが、1日6粒ずつ飲んで、30日分がパッケージに入っていて3200円です。

サプリメントの中では特に安い値段じゃありませんけど、育毛サプリメントと考えると安いです。

 

成分は14種類ありますが、HTコンセントパウダーという、イモやメカブ由来の成分が特に注目みたいですよ。

他にも高麗人参など漢方エキスや、カキや亜鉛などのミネラル分も配合されていて、育毛に役立つのみならず、日常の健康維持にも役立ちそうと思い、飲んでいました。

難点は、DHCって次々新製品が出るので、同じ製品を続けて買おうとしても見つけられなくなったりするんですよ。

それがなければ続けていたと思います。

 

色々な育毛サプリメントを飲んできましたが、今でも続けているのはブラックサプリですね。

費用対効果というか、コスパも高いと思いますし。白髪や抜け毛の予防として、サプリメントを飲もうかと思っているなら、ブラックサプリが一番おすすめじゃないかなと思っています。