抜け毛・薄毛に悩む40代女性の育毛生活

Befolia(ビフォリア)

ビフォリアは、リフレという健康食品などを販売している会社の製品です。

ボトルの後ろを見ると、販売名は「薬用ソブール-27 」。こういうのよくありますよね。

育毛剤としては「薬用ソブール-27」の方が効きそうな響きがありますが、買いにくいかもしれません(笑)


女性用の育毛剤は、内容は薬用ですけど毎日使う方法は化粧品ぽいので、そこはやはり美容品っぽい名前の方がいいですね。

洗面台に置いておいても、恥ずかしくないし。

 

見た目の地味さとは違った高機能育毛剤

女性用の育毛剤は、髪の土台になる「頭皮」の働きに着目したものが多いです。

ビフォリアもそのひとつですが、他との違いはケア成分の多さ。

そして、小さな隙間からも浸透していく超微粒子化製法です。

 

超微粒子化製法というのは、ふつうは高級化粧品が作られる時に使われる、「高圧ホモミキサー」という特別な機械を使って有効成分を均一超微粒子化するものだそうですね。

そうすることで、皮脂や老廃物が詰まってしまった毛穴のわずかな隙間からでも、有効成分が浸透できるのだとか。

通常、育毛剤の有効成分ってけっこう大きくて、毛穴がちゃんとキレイに開いてないと中へ入り込めないんですよね。

だからこの製法はなかなか画期的だと思います。

育毛剤の役目は、有効成分を毛根にダイレクトに、そして継続的に届けることですからね。

 

その有効成分は、センブリエキス・グリチルリチン酸ジカリウム、塩酸ジフェンヒドラミン。

その他に独自のエイジングポリフェノール(サクラ葉抽出液、十六夜バラエキス、ヒオウギ抽出液、ダイズエキス、甘草エキス)も配合されています。

使い心地はサラッと、特徴的な香りもなく、スースーする感覚もありません。

化粧水みたいですね。

ボトルは細身で小ぶり。女性の手にすっぽりおさまるので、扱いやすいです。

アルコールフリーで、白髪染めした色が落ちないのも良い点だと思います。

難点は容器が安っぽいことかな~。

お値段は1本だけ買うと6,300円と、決して安くないんですけどね。

もう少し高級感があったり、センスの良い見た目なら嬉しかったかなと思います。