抜け毛・薄毛に悩む40代女性の育毛生活

アデランス フォンテーヌのシャンプー

アデランスからも、女性専用のヘアケア品が発売されています。

アデランスといえば「かつらのメーカー」というイメージが強いですが、実際には「発毛・育毛・増毛」のエキスパートなんですよね。

 

実際、サロンに行くと、かつらを作ることより、まず発毛・育毛できないかどうかをカウンセリングします。そんなアデランスのサロンで使われていて、一般にも発売するようになったのが、「リンクリーゼ」でした。

地肌に必要な分は残し、余分な皮脂と汚れだけを落とすシャンプーと、髪の保湿状態を良くするトリートメントのセットで販売されていました。

発毛サロンでも使われている、女性のための育毛シャンプーとあって、さすがの使い心地でしたよ。

女性用のヘアケア品にありがちな、甘い香りもついていなくて、スッキリしたミントの香りがするヘアケアセットでした。

そのリンクリーゼは今では販売が終わって、新しく「ベネファージュ」というシリーズに変わったんですよね。

リンクリーゼの時は、スカルプケアシリーズだけでしたが、ベネファージュには美髪ケアシリーズもあって、自分に必要な方を選べるようになりました。

私の場合は、やっぱり薄毛のケアをしたいので、スカルプシリーズを選びますね。

特徴は、硫酸系の強い合成界面活性剤を使っていない点と、過剰な皮脂分泌を防ぐ成分ピロクトンオラミンが配合されている点です。

薄毛になってしまっている女性の、頭頂部がとても脂っぽくなっているのを見ることがよくあると思います。

過剰な皮脂分泌によって毛穴が詰まってしまい、髪が健康に育たなくなってしまうのは、女性の薄毛によくある症状ですね。

不要な皮脂を落としつつ、地肌の保湿をしやすくすることで、女性の発毛環境はかなり良くなります。

硫酸系の洗浄成分にピロクトンオラミンが配合されていたら、脱脂力が強すぎて地肌がかえって傷みそうですが、そこはさすがにバランスよく作られているようです。

値段は安くありませんが、よく広告でみかける、イメージだけで全く有効成分が使われていないシャンプーを高い値段で買うより、ずっと効果が期待できると思いますね。

パッケージも上品で、「育毛用」って感じじゃないのも良いと思います。