抜け毛・薄毛に悩む40代女性の育毛生活

生活リズムと薄毛の関連

薄毛の原因として考えられるものはいくつかありますが、言われて思い当たる大きなものは「生活習慣の乱れ」だと思います。

一生懸命仕事をしている人ほど、生活習慣は乱れがちだったりしますよね。

ハゲたとまではいかなくても、抜け毛が多いと感じるときは やはり体調も良くないものです。

また、生活リズムが乱れていれば疲れやすくもなるので、生活習慣と毛の状態は無関係とはいいにくいですね。

睡眠は特に育毛と関係があります。睡眠不足は身体のあらゆるところに影響を与えます。疲れやすくなるし、イライラしやすくなります。睡眠不足は血行も悪くするので、頭皮の状態も悪くなります。

気分が高まらないので前向きになれず、心身ともに大変良くない状態になります。

 

口が悪い人が、「ハゲは病気だと考えたほうがいい」と言っていたことがあります。

爪が抜けたりしたら、身体になにか異変が起きている、とすぐに考えるのに、髪がたくさん抜けるようになってもあまり気にしないのはおかしいというのです。

ちょっと乱暴な理屈ですが、つまりは身体にいつもと違う兆候が現れたら、どこか不調が起きていると考えろ、ということなのだと思います。

毛は健康な人でも1日に100本やそこらは抜けているものですから、あまり神経質になるのも考えものですけどね。

女性の場合は特に、細かいことを気にしすぎてかえって良くない精神状態になることがありますから、気にしすぎもいけません。

これまでと明らかに違う、異常を感じたら気にしたほうが良い、ってことですね。

 

身体を健康な状態に保っておくためには、睡眠の他にも適度な運動を取りいれることが大切ですね。

運動は新陳代謝を活性化させ、細胞の働きを活発にしてくれます。肌の調子も良くなるし、便秘などの症状も解消されやすくなり、良いことがたくさんあります。

それは分かってるんだけど時間が取れない、という意見もよく聞きますね。でも、1時間2時間というまとまった時間が取れなくても、簡単な運動なら出来るものですよ。

運動の効果を体感すると続けやすくなりますが、だいたいの場合は効果を感じる前にやめてしまってるんですよね。張り切って長い時間やらなくてもいいので、まずは習慣にすることを心掛けたらいいと思います。

忙しくても15分・30分の運動を。ウォーキングでもいいし、もっと簡単に10分程度のストレッチでもいいから、まずは毎日続けることが大事です。

髪の毛のためだけでなく、身体全体の健康のために、ぜひ生活リズムを整え、運動する習慣をつけましょう。