抜け毛・薄毛に悩む40代女性の育毛生活

育毛にはたんぱく質が必要

育毛のために、育毛剤を使ったりマッサージして、頭皮の環境を整えることはとても大切なことです。

頭皮は植物にとっての土壌と同じ。環境が良くなければ、良い髪は生えてきません。

そういった外側からのアプローチと共に、体質改善もしていければ、早く効果が表れるかも。

毛根の働きを活性化させる栄養素を積極的に摂ることも、育毛活動には大切なことです。外からの育毛だけでなく、内側からの育毛にも気をつけたいものですね。

 

育毛サプリメントは色々なメーカーから発売されていますが、そのほとんどが亜鉛など、普段の食生活では摂りにくいと考えられる栄養素です。

しかし、実は一番たくさんとる必要があるのはたんぱく質です。

たんぱく質は、髪だけでなく身体のほとんどの部位を構成する栄養素です。身体を作り、維持していくために必要な栄養素ですから、不足すると生命維持に必要な部位に優先的に送られます。

つまり、髪の毛のように生命維持のために重大な役割を担っていないものには、送られなくなってしまうのです。

たんぱく質といえば肉や魚、大豆製品や牛乳。普段の食生活で充分に摂取している、と考えがちなんですが、実はほとんどの日本人はたんぱく質不足です。

太るからと肉食を避けていたり、食事自体をあまり摂っていなかったりと、充分に摂取出来ておらず髪や肌、爪にトラブルが出ることが多いのです。

肉ばかり食べている、という人も、ハンバーグや焼肉など脂質が多いだけで、肝心のたんぱく質は補給できていないのです。

 

たんぱく質はサプリメントで摂ることは難しく、多くは粉状のプロテインとして販売されています。

プロテインは効率よくたんぱく質を補給できますが、ふだんの食生活に納豆などの大豆食品を摂り入れる事でも、ある程度補給することが可能です。

特に納豆は発酵食品でもあるので、腸内環境を整えることにも役立ちます。腸内環境が整うと他の栄養吸収もよくなり、代謝があがり血行が良くなるので、育毛にも良い影響が期待できます。

苦手なら無理に食べる必要はありませんが、食べられるなら1日1回は食べておくといいと思います。

同じたんぱく質でも、卵はちょっと気を付けて食べなければいけません。

特に黄味の部分は1日1個程度なら良いのですが、過剰に食べてしまうと身体を冷やすことになります。

白身の部分はたんぱく質なのでたくさん食べても大丈夫ですよ。

 

気をつけたいのは、たんぱく質と脂質を同じように摂らないことです。たんぱく質を摂っていいんだから、と外食で肉料理ばかりを選んでいると、脂質が多くなってしまいます。

脂を摂りすぎると毛穴の詰まりや血行の悪さにつながります。同じ肉料理でも、揚げ物やパン粉などの混ぜ物が多いハンバーグなどは避け、赤身肉のステーキや鶏ささみなどを選ぶようにしましょう。

健康な体が丈夫な髪を作ります。身体に良い栄養の摂り方で、育毛に役立てましょう。